不用品はどこで?どうやって?処分する?お得に処分するならエコスマイリー!

引越やお部屋の整理等によって不用となった家具や家電・・・

早く処分したいものですよね

そこで素朴な疑問・・・・

【どこにどうやって処分すればいい?】

そんな時、ちょっとおトクに家具や家電を処分できる情報をお届けします♪


 


【 ひとつめ 】
家具・家電の処分方法を比較してみました

不用になった家具や家電は、粗大ゴミや家電リサイクル等でお金を払って引き取りを依頼する
それ以外だと、リサイクルショップに買い取ってもらったり、ネットオークションで売却する

捨てるのが正解?
売るのが正解?


家具や家電の処分方法は、ただ捨てるだけではありません!


リサイクルが可能ならば


買取に出せば売れるかもしれないので、処分の前に、まずは確認しよう!


再利用が難しいもの
・故障・破損している
・大きなキズや汚れがある

そのようなものの依頼先は・・・
・粗大ゴミとして廃棄・家電リサイクル
・不用品回収業者に依頼
・ネットオークション・フリマアプリにジャンク品として出品


再利用(買取)が可能なもの
・使用に支障がない
・ダメージの少ない美品
・購入年月・製造年式が比較的新しめ

そのようなものの依頼先は・・・
・リサイクルショップ出張買取
・ネットオークション・フリマアプリに出品
・引越時にまとめて買取・処分


【処分方法・その1】
粗大ゴミに出して廃棄処分する方法!


家具・家電の処分には、粗大ゴミに出すという方法が一般的ですが、捨てる際にはさまざまなルールがあります
小さなものなら指定日にゴミ集積所に出すことができますが、一辺の長さがおおむね30センチメートルを超える大型の家具や家電は粗大ゴミとして自治会に回収してもらう必要があります

また、家電リサイクル法に定められた品目(エアコン、テレビ、冷蔵庫、洗濯機など)やパソコン本体については粗大ゴミとして処分することはできません


廃棄処分のメリットは・・・
・収集所に自分で持ち込めば処分費が安くなる
・処分後は適性に処理されるので安心できます

廃棄処分のデメリットは・・・
・各自治体で定められた処分費用がかかる
・大型品の屋外搬出は自身で行う必要がある
・サイズ計測や、シール購入など手続きが面倒
・引取日時は指定で、回収までに時間がかかる


【処分方法・その2】
家電リサイクル法に従って処分する方法!



一般家庭などから出た電化製品(エアコン、テレビ、冷蔵庫、洗濯機など)から、
再利用が可能な材料をリサイクルして廃棄物を減らすことで、
資源の有効利用を推進する法律のことです


リサイクル料金例が・・・

エアコン                      972円~
テレビ    ブラウン管 (15型以下)     1,836円~
      ブラウン管 (16型以上)     2,916円~
液晶・プラズマ     (15型以下)    1,836円~
液晶・プラズマ     (16型以上)    2,916円~
冷蔵庫・冷凍庫      (170L以下)  3,672円~
              (170L以上)  4,644円~
洗濯機・衣類乾燥機             2,484円~

※別途収集・運搬料金が必要になってます


家電リサイクルのメリットは・・・
・法律のもと適正な処理で安心できる
・リサイクル後の状況を確認することができる

家電リサイクルのデメリットは・・・
・処分には一定のリサイクル料金が必要になる
・リサイクル料金とは別途で収集・運搬料がかかる
・処分品ごとに問い合わせ先が異なり、作業負担が発生する


【処分方法その3】
不用品回収業者に引き取ってもらう方法!


・とにかく早く処分したいなら、不用品回収業者に依頼するのがスムーズです
・リサイクルできないほど古かったり、ダメージがある家具や家電も引き取ってくれます
・また、家の中から品物の搬出もしてくれるので、重量のある荷物でも安心
・回収を希望する日時の指定も可能
・料金設定が分かりやすい業者を選び、見積を取るなど確認してから依頼するのがいい

不用品回収のメリットは・・・
・手間なく素早く不用品を処分できる
・希望日時に回収に来てもらえる

不用品回収のデメリットは・・・
・高額な回収費用が発生するケースがある



【処分方法その4】
リサイクルショップの出張買取で売却する方法!


・粗大ごみに出すと費用がかかりますが、リサイクルショップに売れば収入になります
・大型の家具や家電などは、自宅まで引取に来てもらえる出張して買取してくれるのでが便利です
・季節家電や、大型冷蔵庫、人気のドラム式洗濯機などは高値がつくかも
・無印良品やニトリなど定番ブランドのものやデザイナーズ家具は買取のほうがおトク
・買取条件は店舗によって異なるので、問い合わせて見積を頼んでみるのがいい

出張買取のメリットは・・・
・お金をもらって不用品を処分できる
・自宅で査定、買取、搬出すべて対応してもらえちゃう
・査定額に納得がいかない場合は買取キャンセルできる

出張買取のデメリットは・・・
・品物の内容・状態によっては買取できない物がある

主な処分対象は・・・
【家具】食器棚、ソファー、ダイニングセット、チェスト、ローボード、レンジ台、
キャビネット、シューズボックス、本棚、リビングテーブル、AVボード、テレビ、テーブル、
レンジボード、キッチンカウンター、ドレッサーなど


【家電】冷蔵庫、洗濯機、テレビ、電子レンジ、ガステーブル、炊飯ジャー、空気清浄機、
掃除機、BD・DVDレコーダー、コンポ、エアコン、除湿機、石油ファンヒーター、
石油ストーブ、ホームシアターセットなど


【処分方法その5】
ネットオークション・フリマアプリで売却する方法!


・時間をかけてでも、手持ちの不用品をできるだけ納得のいく金額で売りたいならこちらがいいかも
・品物の写真撮影や文章作成、落札者とのやりとり、梱包作業と発送手配など煩雑な事務作業が多く発生するのでそれなりの手間と労力が必要となる

オークション・フリマアプリのメリットは・・・
・お金をもらって不用品を処分できる
・より高値で売れる可能性がある
・スマホからでも気軽に出品できる

オークション・フリマアプリのデメリットは・・・
・取引に関する各種手続き・事務作業が面倒
・オークションの場合、安値で落札されるケースもある
・スマホアプリの場合、入金までに日数かかる
・落札者とのやりとりでトラブルが発生する場合もある


【処分方法その6】
引越時にまとめて売却する方法!


・引越の際に出る不用品であれば、引越業者にお願いして引き取ってもらうという方法もあります
・転居前ギリギリまで不用になる家具や家電を使うことができる
・回収には費用が発生しますが、効率的に処分するには最適の方法だとおもいます


引越買取処分のメリットは・・・
・引越と買取の見積もりが一度で終わる
・不用なものを売った分だけ、引越金額が安くなる
・買取品は引越当日まで使える
・海外リユース品としても資源を有効活用できる

引越買取のデメリットは・・・
買取、無料回収できない物は有料処分になる

主な買取対象なものは・・・
【家具】食器棚、ソファー、タンス、クローゼットなどの大小の家具インテリアなど

【家電】エアコン、冷蔵庫、洗濯機、レンジなど

【贈答品】食器、タオル、毛布など ブランド品は高価買取してくれる

【インテリア雑貨】時計、造花、フォトフレーム、ガラス置物等、お部屋にあるインテリア雑貨など

【デジタル機器】液晶テレビ、レコーダー、BLプレーヤーデジカメ、デジタルビデオカメラ、コンポやウォークマンなど大型から小型までのAV機器など

【スポーツ用品】ウィンタースポーツ、マリンスポーツ、テニス用品、ゴルフ用品、テニス、野球、サッカー自転車など

【アウトドア用品】ランタン、バーナー、コンロ、テント、寝袋、ザック、マウンテンパーカー、トレッキングブーツなど 
こちらもブランド品は高価買取してくれる

【楽器】ギター、トランペット、キーボード、シンセサイザーからミキサー、アンプ等。人気モデルは高価買取してくれる



【 まとめとして 】
「時間」「費用」「手間」のバランスで最適な処分方法をチョイスする!



私はいろいろ悩んだ結果、出張リサイクルショップの【エコスマイリー】を利用しました
何故【エコスマイリー】を選んだのかというと・・・

・一番はお金をもらって不用品を処分できるところ

・業界最安値!即日対応!
他社よりも1円でも高い場合は安くしてくれる

・シンプル会計!事前見積もり!
見積もり確定後に追加料金が発生するようなことは一切ない

・面倒な作業は全部お任せ!
搬出作業などはすべてやってくれる

私にとっては時間、費用、手間のすべてが納得でき、最適な処分方法だったと思います!

家具・家電の処分方法にはそれぞれ特徴があり、
時間と手間を節約すれば、お金がかかり、お金を節約すれば、時間と手間がかかります

ポイントは、「時間」と「費用」と「手間」のどれを重要視するかです

後悔しない家具・家電の処分方法を検討してみましょう!

私の選んだ【エコスマイリー】

便利屋サービスも充実しており、毎日の暮らしの中の小さな困りごとから遺品整理、ゴミ屋敷の片付け、引越し、不動産物件の管理など大きなお悩みまで何でもご相談いただけます

 

webから無料で見積もりもしてもらえるので1度相談だけでもオススメです

 

(お問い合わせはコチラ)